ラボ型オフショア開発

お客様の専任開発チームとして、アジャイル開発でお客様のアイディアを形にします。

Lisodのラボ型開発サービス

 

 

ラボ型開発(ラボ契約・ODC)とは?


御社は現在

  • エンジニアの採用に苦労されいていますか?
  • 発注がありますが、エンジニアのリソースが足らないですか?
  • ビジネスの変化に合わせてしスピード感を落とさずに臨時対応に開発できないですか?
  • 保守運用作業を行いたいですが、エンジニアが足らないですか?

ラボ型開発は全部の悩みを解決できるソリューションです。

ラボ型開発とは、オフショア開発における開発形態の一つで、「ラボ契約」や「ODC(オフショア開発センター)」とも呼ばれます。作業要因×期間に対する契約となりますので、契約形態でいうと準委任契約になります。つまりある一定期間、海外のエンジニアを確保して開発できるもので、オフショア開発企業の中に専任の開発チームを持てるようなイメージです。わかりやすく言えば、ラボ型開発は「一定期間エンジニアチームを確保できる開発方法」という認識でも良いでしょう

経験が豊富なエンジニアのチームがありますのでお客様のご要望に応じたスキルセットを持つ開発チームを提供します。ラボ型開発は採用、管理の悩みを解決できるのに役に立つ方法です。

 

ラボ型開発を選ぶ理由

  • 手続きが簡素になります

各プロジェクト毎に契約書を作成する必要がなく、お支払いは月額の固定費用です。そのため、複雑な手続きが少なくなり、ビジネスに全力で集中できます。また、ラボ型開発を行う前に、お客様の要望に応じるチームメンバーについてサービスコンサルティングを提供します。お客様の要望ではなくて、働きスタイルまでふさわしいメンバーを提案します。時間が非常にかかる人材の育成、採用しなくても高技術力があるチームを持っています。そのうえ、ラボ型開発をしているうちに、お客様の要望に応じてチームメンバーを変更することができます。ラボ型開発のおかげで、いつもいいチームを確保できます。

ビジネスが発展する時、要件変更と仕様変化が発生する可能性があります。その時、臨時対応できるチームを作るのにラボ型開発をおすすめします。

  • 優秀なエンジニアを一定の期間、自社のチームとして確保できます

ラボ型契約は、一定期間エンジニアを自社のチームとして確保するという契約のため、開発案件が定期的にあるのに自社の人材リソースが足りない企業の場合、ラボ型契約にはエンジニア不足解消という大きなメリットがあります。一時的に開発ラインを増強したいときなどにも、短期間だけ雇用するのは困難ですが、ラボ型開発なら期間限定で必要なときだけ柔軟にリソースを増やすことができます。このようにラボ型開発は、雇用に伴うコストやリスクを解消することができます。

  • 仕様の変更も柔軟に対応できます

ラボ型開発では最初に仕様を固めてしまわずに、開発しながらスムーズに仕様変更を行っていくことができるため、何度もテストを繰り返しながら開発していくアプリやAIなどの開発では利便性があります。

  • ノウハウを蓄積できます

プロジェクトが終了しても、契約期間中エンジニアは自社専属のチームとして仕事を続けるため、仕様やノウハウが蓄積されていき、品質や開発スピードが向上していきます。

ラボ型開発のメリットについてもっと詳しく知りたい方はこの記事をご参照ください

ラボ型開発のメリットは?

ラボ型開発に向いている開発案件

ラボ型開発は、中長期的な期間を通して開発を進めるプロジェクトに適しています。以下では、ラボ型開発のメリットや強みを活かせる案件を以下に紹介します。

  • 既存のWebサービスの運用や改修

ラボ型開発は、既存のウェブサービスやアプリを運営しているケースに適しています。これらのサービスには、日々の運営に加えて改善と改修、仕様変更など作業が多いです。ラボ型開発のおかげで、時間と費用がかかる担当チームを採用をしなくてもいい、高技術力があり、経験があるチームを持ちます。

  • アジャイル型開発

「アジャイル型開発」とは小規模な単位で機能のテストを行い、その都度改修を行いながら開発を進めていく開発方式です。アジャイル型開発の特徴は作業途中で変更や改修がよく発生するので、変更の度に新たな見積をとる必要なく、チームメンバーをお客様の要望に応じて変更するラボ型開発は好相性です。

 

Lisodでラボ型開発ご利用の流れ


  • ヒアリング

お客様のご要望と目的をしっかり理解し、人材を準備します。

 

  • ご提案

お客様のご要望のスキルに合ったエンジニアをご提案します。

 

  • 面接

ご提案したエンジニアをご面接を行います。

 

  • プロジェクトチームの構築

ご要望と必要に応じて、開発に必要な人員を配置します。

 

  • ご契約を締結します

開発スタート

 

 

Lisodを選ぶべき理由?


  • セキュリティー対策はしっかり行います。

 

  • 高技術力があるチーム

–  東大、慶応義塾大学など日本の大学とベトナムの東大のようなハノイ工科大学のIT専攻がある人がいます。

–  高度な開発経験を持つベテランCTO

–  ブロックチェーン・AIの最新技術にも対応

–  日本語堪能なPMによる

 

  • ラボ型開発では上流工程からLisodにお任せいただけます

請負型開発(請負契約)では通常上流工程(要件定義、基本設計)はお客様にご担当頂きますが、ラボ型開発(ラボ契約)であればどの工程も弊社にお任せいただけます。

 

  • お客様の要望に応じるチームがあります

ラボ型開発を行う前に、お客様の要望に応じるチームメンバーについてサービスコンサルティングを提供します。そのうえ、ラボ型開発をしているうちに、お客様の要望に応じてチームメンバーを変更することができます。

 

ラボ型開発についてもっと知りたい方はこの記事をご参考ください。

ラボ型開発と請負型開発の違う点は?

ラボ型開発を失敗させない注意点

 

 

 

お問い合わせ