MV MV

FAQ

TOP > よくある質問

オフショア開発FAQ

オフショア開発とは何ですか?オフショア開発の動向について解説!

オフショア開発とは、海外の開発会社や海外の子会社へ、情報システムやソフトウェア、Webシステムの開発業務などを委託・発注する開発方法です。オフショア(Offshore)には、岸(Shore)から離れた(Off)が転じて「海外」という意味があります。
 日本においては、ITリソースの供給が十分に追い付かない状況から、リソースの不足とコストが大きな問題となっています。そのため、コストやリソース面でのメリットといった理由などからアジアを中心に新たな手法としてオフショア開発が進む傾向が見られ始めています。
 オフショア開発はもともと、日本企業、または日本に拠点を持つ外資系企業などの大手企業が委託元であることです。しかし近年では、中小企業が委託元となるオフショア開発も見られるようになっています。
 オフショアの委託先は、労働力が豊かでシステムエンジニア(SE)などのIT人材を確保しやすい国が候補になります。IT人材の育成に力を入れており、優秀なシステムエンジニアが多い国が対象となるでしょう。たとえばベトナムでは、2000年頃から国としてIT人材の育成に取り組んでいます。日本からのオフショア開発は、かつては中国が中心でした。しかし近年では、中国の景気の過熱および賃金上昇などを背景に、インドやベトナム、フィリピンなどへのオフショアも増えています。

メリットが多く取り入れる企業が多いオフショア開発。オフショア開発はいつ始めるべきですか ?

オフショア開発・ソフトウェア、システム開発における経験が不十分である現状
  そのほかに、アプリやシステム開発における願望、アイデアがありますが、ソフトウェア開発の経験が十分にありません。また、もともとシステムがありますが、より高い品質のあるシステム開発やシステムに新たなテクノロジーを取り入れる願望がありますが、システム開発のための技能がある人材不足から進めば効率性を確保できるか把握できないという状況に陥っています。

 

 中小企業やスタートアップをはじめ、大手企業は一日も早くシステム、ソフトウェアを開発したがります。しかしながら、ソフトウェア、システム開発における経験が不十分なので、どのように開発プロジェックトを展開し、効果を発揮するのかはっきり把握しない状況に直面しているはずです。
オフショア開発・リソースが限られている現状
  スタートアップ企業にとって、開発費用やエンジニアの採用、育成ャー企業コストは大きな負担になります。それでオフショア開発を利用するべきです。または、ベトナムのエンジニア費用は日本の約2分の1といわれており、コストを抑えながら、優秀なエンジニアを開発ニーズに応じて、柔軟にアサインすることが可能です。可能弊社では、BrSEと日本で豊富な開発経験が持ったPMが基本設計、詳細設計、開発、テストまで一貫したサポートを提供いたします。
オフショア開発・IT人材が不足する現状
  情報化とグローバル化が急速に進展する時代では、それに伴ったソフトウェア開発などに多くの優秀な人材を必要としており、日本国内だけではその需要増に供給が追いつかない状況となっています。この人材不足は、2030年に40万人以上の規模になると言われてており、対策が急務になっているのです。これを解決したら、オフショア開発が注目されることを大事にします。

 
オフショア開発・グローバル展開と多様性
  従来の海外進出は大規模な投資を要するものであり、大手企業でなければ難しいという一面がありましたが、インターネットが発展したことによって物理的バリアーが低くなり、中小企業でもグローバル展開が現実的になりました。

 

こうした要因に、多様な人材を受け入れる多様性という考え方が加わり、オフショア開発に目が向けられるようになったといえます。

ベトナムオフショア開発の単価ははいくら?他国との比較?

オフショア開発・日本での単価
一般的に、ここ数年で日本のエンジニアの単価は上がってきていると言われています。PHPなどを使用するweb系の単価は60万円〜80万円、少し複雑な機能開発が必要になるような場合だと100万円を超えてくることが多いようです

また、スマホアプリのエンジニアは需要が高い割に人があまりいないこともあり、スマホアプリの単価は100万円〜、AIエンジニアやブロックチェーンエンジニアはもっと高くなるでしょう。日本で上級のエンジニアだと100万円を越えることがほとんどで、150万、200万になることも少なくありません。

つまり、ベトナムの方が日本より安いということになります。具体的な単価についてはオフショア開発企業によって概ね1/3から1/2程度の単価と言われている。
オフショア開発・他の国の単価
表1:一時間でオフショア開発の単価

CIOマガジンによる

 

  この表から、インドと比較して、ベトナムオフショア開発の単価は3分の1から7分の1に安価だということが明らかになる。インドと中国の市場が成熟期に入ると、処理のコストが増加する傾向があります。つまり、 ベトナムのオフショア開発は、最も費用対効果の高い方法で開発しようとしている企業にとって大きなメリットがあります。

また、ベトナムの平均コストは年間約7,200〜12,400ドルで、インドネシアやシンガポールなどの近隣諸国(それぞれ17,581〜24,658と38,000〜84,500)よりも10〜50%安く、フィリピン( 8,300〜12,426)よりも5%低くなっています。

     中小企業であるならば、インドは理想的な場所ではありません。 さらに、少数のエージェント(インドの数千人のエージェントのうち)を雇用しようとすると、雇用の過程で予期しないコストが発生する可能性があります。

中小企業に対してベトナムオフショア開発はベストなチョイスです。ベトナムを選ぶべき理由?

オフショア開発のメリット1:豊富かつ優秀なエンジニアリソース

    その数は年々増加を続けており、毎年5万人の学生が専門的なITの教育課程を終え、2020年度には国内のITエンジニアの総数が約40万人に達すると言われています。

  またベトナムではITエンジニアはいわゆる人気のある職業の一つと認識されており、その高い給与・人気から優秀な人材がこぞってIT業界を目指す傾向があります。元々向上心が強く、まじめで勤勉な国民性もあいまって、ベトナムのITリソース及びその技術力は迅速にプレゼンスを高めています。

  特に大規模プロジェクトにおいては、日本国内では人材が限られる一方で、ベトナムでは豊富なリソースを背景に比較的受け入れやすい環境です。

オフショア開発のメリット2:優れたコストとパフォーマンス

  具体的な単価についてはコスト最小限という部分がベトナムオフショア開発メリットとして最も大きなものになります。平均人月単価は日本の人月単価の約 3 分の 1 くら いのコストで、26.13万円となっています。ベトナムのIT従事者は賃金水準に特徴があり、中国やタイの同業種に比べてもだいたい1/2の水準となっています。また単価と同様に、オフショア開発企業によって品質にも大きな差が見られるようになってきていますが、ベトナムの全体的な水準として開発力は年々上昇傾向にあります。ゆえに、単価をある程度抑えつつスキルの高いエンジニアを活用した開発環境が優れたコストパフォーマンスを期待することが可能です。

オフショア開発のメリット3:ベトナムの市場性

  ベトナムは、近年5~7%といった高水準の経済成長を続けています。そして内需の拡大や個人の消費活動にも大きな変化が生じるなかで、ベトナムマーケットへ日本をはじめとする海外進出が増加しています。

  今後日本企業がサービスを拡大する上で、日本市場に加えグローバル市場での展開が一つのポイントとなってきていることから、成長性の十分なベトナムは日本企業にとっても1つの有力な市場となってくるでしょう。

オフショア開発のメリット4: 日本との時差によるタイムロスが最小限

日本とベトナムの時差は2時間です。ベトナムでは始業時間が早いため日本の会社と営業時間を合わせやすいという特徴があり、時差によるタイムロスを最小限にすることができます。例えば、日本側が緊急な会議を開催したい時、オフショア開発の会社の出勤時間が始まっていないケースがあります。しかし、時差が少ないベトナムなどのアジア各国でオフショア開発はこのような問題を解決することができます。

知らないとオフショア開発を成功できない!オフショア開発のリスク

オフショア開発のリスク1:情報漏洩
  海外の企業をおいてエンジニアやプログラマーを採用しシステム開発をおこなうことで、機密情報が流出するリスクをまず考えなければなりません。検討当初から課題となっていたものに、「セキュリティ」があった。特に現地で開発したソフトウェアと、その周辺のハードウェアやソフトウェア、さらには管理を含めての情報漏洩が懸念された。

   このような情報漏えいを回避するためには、NDA契約に署名する必要があります。教育レベルを事前に確認する必要があり、プログラマー、PM、BrSEを含む情報危機管理のペナルティが最も重要な位置を占めています。 

オフショア開発のリスク2:クオリティ
  コストの増加や納期の遅延に加えて、オフショア開発でクオリティを考えられるリスクの1つです。必ず仕様書には完成品のテスト作業と修正作業を合わせて進行することはもちろん、どんなシステムを作ってもらいたいのかを具体的に記載して発注することが大切になってきます。特に日本の企業どうしのやり取りでは、最初は大体の内容だけ発注し、後からでてきた要件を追加したり、プロジェクトを進めながら要件を変更し方向性も変えていくことがあります。しかしオフショア開発では曖昧な発注、途中での仕様変更は失敗をする原因としてよくあるケースですので、下準備をしっかり固めてから発注しなければいけません。

オフショア開発のリスク2:適当な開発会社選びで失敗するとツライ
「開発会社のスキルが思ったよりも低かった」「開発会社の応答が遅い」「実際に働いてみたら思ったよりもレベルが低かった。こんな開発会社への不満もオフショア開発のよくある失敗例の一つです。委託先の開発会社が、どれほどのスキルを持っているのか、どのような案件に対応してくれるのか、これは実際に会って働いてみて初めて見えてくる部分でもあります。

   オフショア開発会社のエンジニアはやる気のある若い人材が多いことが特徴です。日本の高い技術力を身に着け、自身のスキルアップをしようと意気込んでいるエンジニアも多く、ゆえに少しばかり難しいと思われる業務でも、口ではできると言ってしまうこともあります。開発会社に依頼をする前に可能な範囲で実際に開発会社を訪れ、その会社の風土や開発チームのメンバー、エンジニアに会って面接をすることが一番です。

Lisodはこれまでにどの国と協力したことがありますか? 品質を重視する日本と協力した経験はありますか?

私たちは、ドイツ、アメリカ、韓国など、世界中の多くのパートナーと協力したことがあります。日本のパートナー企業は創業以来、最も身近なパートナーです。日本の現地企業の7社と協力し、期待以上の成功を収めています。ベンチャー企業のアプリやシステム開発で豊富な実績を有しており、要件定義が明確でない段階での相談や短期間での開発にも柔軟に対応できます。CEOをはじめとする現地スタッフの25%以上が日本語対応可能なため、日本語での円滑なコミュニケーションをとり、認識のずれや確認不足を防止します。遅延のリスクがあるタスクを早期に発見、改善することでスケジュール通りにプロジェクトを遂行することを重視しています。

株式会社LisodFAQ

組織構造はどのようになりますか?

弊社には当社には、Webチーム、バックエンド・フルスタックチーム、アプリチームコミュニケーター・テスターチームの4つの主要部門が含まれています。エンジニアはハノイ工料大学やハノイ国家大学など有名な大学から専門的なITの教育であるし、開発経験が豊かで、3年間が多くて5年間までもあります。

 当社のスタッフは、専門的なトレーニングだけでなく言語も備えています。取引先とのコミュニケーション、プログラミング言語や開発仕様書の理解向上のため、英語力を磨いている人員が多いです。そのため日本語を話す・理解できるエンジニアが少なくない。ほとんどの人事が日本語能力試験3級以上の取得すことができます。同時に、社内では全社員を対象に日本語研修を積極的に行い、お客様に安心して開発をお任せいただけるような土壌づくりを日々行っています。

Lisod の提供サービスについては?

ラボ型オフショア開発についてお客様の開発体制により、開発チームを提案いたします。エンジニア不足でお悩みの企業様は、お気軽にご相談ください。
ウェブ・システム開発に関して業務管理システムやECサイトなどのニーズに合わせ、最適な設計・開発の提案をいたします。アプリケーション開発にはAndroid、iOS、ゲームの開発するニーズに合わせ、最適な設計・開発の提案をいたします。

残業や休日出勤はしてくれますか?

納期やご要望によっては調整させていただきます。必要があれば可能です。詳細はお問い合わせください。

自社 のエンジニアの技術レベルはどうですか?進捗と高品質確保できますか?

弊社はエンジニアのおよそ80%がハノイ工科大学と国家大学の卒業生です。そのため、個々のエンジニアはソフトウエアの開発について高い技術力を持っております。また、常日頃から最新の技術情報について研鑽を積んでおります。そのため、常に最新技術をご提供することが可能です。さらに日本語を話す・理解できるエンジニアも少なくないです。現在、オフショア開発サービスをやりたいという理由で、Lisodのチームには専門的な技術力と高い日本語レベルで対応できるプログラマーがいます。 彼らにとって、プロジェクトはチームがアクティブであり続け、発展するための原動力です。

オフショア開発ではビジネスにおける習慣・文化の相違によく直面しているが、自社は文化の問題はないのでしょうか?

日本社とよく協力したこたがあります。それで、オフショア開発を進める時、文化、生活文化を理解できます。仕事に対する意識や時間管理、考え方の差など、コミュニケーションのから意思疎通をだいたい掴みます。そして相互理解を深め、仕様や要件、納期など、必要なことを明確に指示することもできます。また、LisodのBre, BA, PM のチームの30%が日本に留学したり、就職経験があるので、文化またはマーナをよく汲み取る可能です。
そこで、問題ありません、ご安心ください。