TOP > ブログ > IT中小企業にとってオフショア開発は必要がある5つの理由

IT中小企業にとってオフショア開発は必要がある5つの理由

IT中小企業の皆様、オフショア開発について聞いたことがありますか?オフショア開発について詳しくない方がいらっしゃるかもしれません。

オフショア開発とは主にソフトウェアやWEBシステム、アプリケーションなどの開発業務を海外の企業やリソースを活用して行う委託開発の手法の1つです。

日経ビジネスによると最近、オフショア開発をする日経企業(特にIT中小企業)が増えてきたということです。なぜかというと、オフショア開発はIT中小企業にとって欠けないことからです。

 

  • 理由1:技術能力を拡大すること

IT中小企業、特にスタートアップの皆様、会社員の技術能力が限りがあるという問題に遭ったことがあるでしょう。即戦力の人材を探しているのでしょう?
たとえば、マッチングアプリ制作プロジェクトがあるのに会社員はマッチングアプリに経験があまりない場合は、マッチングアプリ開発に経験が豊富なオフショア開発企業のプログラマーの力を活用するようになる
 

 

  • 理由2:費用削減

日本と比べるとベトナムは物価が安いので、費用の面から有利があるのでしょう。それのわりに、日経ビジネスによると、ベトナムの技術力が高くなってきたということです。ベトナムで日本語でコミュニケーションできる人材が増えてきて、高質のIT人材は豊富だということです。
 
 
  • 理由3:人材不足の解決

IT中小企業、特にスタートアップの皆さま、人材不足にお悩みになっていますか?
ベトナム人エンジニアを豊富に抱え、デジタルサービスの企画、開発、デザインまでを支援できます。長期的にみると、ベトナム人のIT人材は日本の人材不足に対してソリューションです。
 
 
  • 理由4:売り上げ拡大や規模拡大に繋がること

技術能力を拡大し、費用削減に役に立つオフショア開発は売り上げ拡大や規模拡大に繋がるのではないでしょうか。
また、日本国内では、エンジニアの需要に対して、人材が不足している状況が続いています。そのため、進めたいプロジェクトがあっても、エンジニアがいないことで動き出せない場合もあるのです。お金儲けのチャンスを逃すのではないでしょうか?その時、オフショア開発はふさわしいソリューションだと思われます。
 
 
  • 理由5:自社専用の開発チームを作りやすい

社内にエンジニアが少ない場合に開発を外注すると、プロジェクトの終了後メンバーが解散することが多いです。そのため、開発に関するノウハウを自社に蓄積できません。オフショア開発の場合は案件単位ではなく、仕事量に応じた契約を行えます。そのため、契約時間が終わるまでは自社の人材と同じように仕事を依頼できるでしょう。
つまり、自社専用の開発チームを作り、スキルとノウハウの蓄積による長期的にメリットを受けやすいのです。
 
Tags: